働き盛りだから寝心地の良い枕で快眠

働き盛りだから寝心地の良い枕で快眠

社会を引っ張って行く年齢層の男女、つまりは30代から60代までの働き盛りの男性と女性の癒しと言えば、やはり睡眠です。毎日の仕事から解放されて一番の安らぎと言うのが眠る事です。そしてその眠りを快眠へと誘うのが枕です。

快適な寝心地もたらすための寝具が必要です。

30代と言えば、女性でも男性でも仕事が楽しい年齢です。そして40代50代ともなれば仕事に責任を持つ年代。そして60代ともなれば、企業の代表でもある訳です。そんな人たちが日々の仕事で身体を疲労困憊して一日の疲れを癒すと言うのが寝具です。けれども、単に眠っていれば疲れが取れると言う訳でもなく、その寝心地をしっかりとサポートしてくれると言うのが枕、つまりはピローと言う事になります。人によってはそのピローだけで全く異なる翌朝を迎えると言う事にもなります。つまりは身体に合わないものを使っていると言う事です。単に眠りやすいかからと言って選ぶと意外にも肩凝りの原因となり益々炎症までも発展する場合もあります。

人の身体を守ってくれると言う枕

折角責任のある仕事をしていながらも快眠を満たされない睡眠で逆に健康状態に悪影響と言う事があります。そしてどれだけ眠っても肩凝りが解消されないと言う場合があります。つまりこれは寝ている状態から首から頭に掛けての位置が悪いと言う事にあります。元来人が起立している状態と同じような状態を睡眠の時にも維持するのが正常と考えられています。それを解決してくれると言うのがピローと言う事になります。今の世の中、様々なピローがあります。何故なら、人ひとりのライフスタイル自体が異なるからです。もちろん仕事もあれば遊びもあります。そして考え方もあります。だからこそ、自分に合ったピローを使うと言う事が大切になります。

年齢層でも使い方が異なってくるのが枕

その人のライフスタイル一つで睡眠のタイプも全く異なります。だからこそよりよい睡眠を摂るためにはベストな寝具を選ぶ必要があると言う事です。身体に適した布団を使用します。マットもそうです。自分の身体に相応しいマット、敷布団を選ぶと、今度は首から頭を支えてくれると言う枕も必然的にセレクトできます。敷布団の場合は、身体の全体を支えると言う役割があります。その役割をピローがフォローする訳です。起立した状態を保持しながら睡眠できるピローを選ぶ事が最も寝心地の効果を発揮できると言う事になります。身体が横になり仰向けになった場合が起立した時と同じ高さになるのが通常です。

まとめ

働き盛りの30代から60代の男女に相応しい高さの枕とは、起立している時と同じ姿勢を維持できると言う事が絶対条件です。そうでないと首筋の筋肉にかなりの負担が掛かります。そのために肩凝りが激しいと言う事になる訳です。当然仰向けその他にも寝返りにでも相応しいものを選択するのが肩凝り予防の枕と言う事になります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

首の痛みを軽減させてくれる枕とは
枕は低反発か高反発かどちらを選べばよいのか
肩こりや首こりには高反発の枕がおすすめ
気持ちいい朝を迎えるためには枕が自分の体に合っているというフィット感が大事
より質の高い睡眠をとるには機能的な要素と抜群の快適性を追求した枕が不可欠だった
固い枕で眠ると頭を安定させることができるが実はさまざまな弊害も出てくる場合がある
人が生きて行くために寝ることは欠かせない行為で快適な睡眠は高機能の枕が実現する
枕を変えて首への負担を軽減しよう
首や肩のこりが気になる方は枕の買いかえに注目です
肩と首のこりは枕が原因、理想の高さで気持ちのいい睡眠を
枕が合わないことでイライラするなら買い替える
実は首痛の原因は寝姿勢にあるかも
実は血行と深い関係がある枕の選び方
頚椎(首の骨)に負担を掛けない枕を使いましょう
大切な眠りを快適なものにするためには首と布団の間にできた隙間を枕で自然に埋める事
人間工学を意識して作られた枕を選ぼう
ベストな枕で快眠、翌朝のすっきり感を手に入れよう
枕の高い、低いの違いで、肩こりが改善する可能性があります
寝違え防止には枕の見直しがおすすめ
寝心地の良い理想の枕を選びましょう
横向き寝をする場合、理想的な枕の高さとは
仰向けで眠りやすくバランスの良い枕を選ぼう
枕の手入れのおすすめ方法を紹介
枕を探すときはコスパのいいものを選ぼう