より質の高い睡眠をとるには機能的な要素と抜群の快適性を追求した枕が不可欠だった

より質の高い睡眠をとるには機能的な要素と抜群の快適性を追求した枕が不可欠だった

充分な睡眠をとっているのに、朝起きてみたら首や肩がこっていたとか、よく眠れていないとか、そんなふうに感じてしまうのは、実は寝具が原因であることがあります。たとえば、自分に合った枕を使っていないと、どんなに長い時間寝ていても体は回復しません。

毎日何気なくとっている睡眠の役割は途轍もなく大きい

人は人生の約三分の一は夢の中にいます。これは一日八時間の睡眠をとることを前提とした計算なのですが、人生の中でもやっぱり長い時間は寝ていることになりますから、この時間はとても貴重だと言えるわけです。しかも、人間はまったく寝ないというわけにはいきませんから、長い短いに関係なく、どこかで睡眠をとることになります。そして、その睡眠は私たちが毎日生活するためには必要不可欠なものだったのですね。まず、寝ることで疲れをとり、起きてからまた一日を過ごすための活力を養うことができる。睡眠の役割は途轍もなく大きいものです。

自分にフィットした枕を使うことが良質な睡眠を誘う

しかし、ここで問題もあります。それは、ただ長い時間寝ていても体の回復は望めないということ。ようするに睡眠にも質の問題があるのです。質の高い睡眠をとることで、体は本来の状態に近づくことができます。そして、良質な睡眠をとるために寝具が大いに関係してくることは否めません。特に枕選びは重要で、快適性を追求したものがベストなのですね。もちろん、そのためには枕の要素というものも大切になります。すなわち、素材や通気性などの要素は欠かせないでしょう。これらをクリアして、なおかつそれが自分の体にフィットしていなければ快適な睡眠は望めません。自分の体に合った枕というのは、高さや硬さ、そして大きさですね。

直立した状態を維持できる寝具が必要不可欠になる

一番いい睡眠の姿勢というのは、人が直立しているときの姿勢をそのまま横にした状態だと言われています。もしも枕がなかったとしたら、頭やお尻は下に沈んでしまい、首や腰に負担がかかってしまいますよね。肩こりや腰痛というものは、こうしたことからも起きてしまうのです。これを快適性を追求したものだと、ちょうど首を支えることで直立した状態に戻すことができます。その高さも硬さも人によって違いますから、これは選ぶときに充分な吟味が必要でしょう。そして素材ですが、これもやはり快適性を追求した物に限ります。最近ですと、一年を通して硬さや温度が変わらないという素材もありますね。

まとめ

良質な睡眠をとるためには寝具は欠かせないものとなり、特に枕は重要な役割を果たしています。快適性を追求した枕は必需品で、これは自分にフィットしたものがベストなのですね。高さや素材なども重要な要素となります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

首の痛みを軽減させてくれる枕とは
枕は低反発か高反発かどちらを選べばよいのか
肩こりや首こりには高反発の枕がおすすめ
気持ちいい朝を迎えるためには枕が自分の体に合っているというフィット感が大事
固い枕で眠ると頭を安定させることができるが実はさまざまな弊害も出てくる場合がある
人が生きて行くために寝ることは欠かせない行為で快適な睡眠は高機能の枕が実現する
働き盛りだから寝心地の良い枕で快眠
枕を変えて首への負担を軽減しよう
首や肩のこりが気になる方は枕の買いかえに注目です
肩と首のこりは枕が原因、理想の高さで気持ちのいい睡眠を
枕が合わないことでイライラするなら買い替える
実は首痛の原因は寝姿勢にあるかも
実は血行と深い関係がある枕の選び方
頚椎(首の骨)に負担を掛けない枕を使いましょう
大切な眠りを快適なものにするためには首と布団の間にできた隙間を枕で自然に埋める事
人間工学を意識して作られた枕を選ぼう
ベストな枕で快眠、翌朝のすっきり感を手に入れよう
枕の高い、低いの違いで、肩こりが改善する可能性があります
寝違え防止には枕の見直しがおすすめ
寝心地の良い理想の枕を選びましょう
横向き寝をする場合、理想的な枕の高さとは
仰向けで眠りやすくバランスの良い枕を選ぼう
枕の手入れのおすすめ方法を紹介
枕を探すときはコスパのいいものを選ぼう