肩こりや首こりには高反発の枕がおすすめ

肩こりや首こりには高反発の枕がおすすめ

記事のイメージ画像

肩こりや首こり、安眠ができていないというときには枕が原因となることがあります。悩んでいるときには反発力に注目してみることが一番です。また正しい使い方をしていないと不快感が出てしまいます。何でも同じとせずに正しい使い方を行います。

低反発と高反発の違いは跳ね返りと反発力

低反発と高反発の枕の違いは跳ね返り・反発力です。低反発は頭の形に合わせて枕が沈むためフィット感があり肩や首も支えることができ寝心地がよくぐっすりと寝ることができます。血行の妨げになる不快感は圧迫感があり寝にくくなりますが、低反発は体圧を分散させることができ快眠できます。高反発は手で押し込んでも沈んでいかずに強い反発力があります。反発力によって首をしっかりと支えて安眠を促すように作られています。素材にはほとんどがウレタンが使われていて軽さや耐久力があって、反発力が強い素材です。硬さがあって、頭をのせると沈みしっかりと頭を支え首をサポートするため、硬いだけの枕とは異なります。

肩こりや首こりに悩んでいるときには

肩こりや首こりに悩んでいるときには高反発の枕がおすすめです。ポイントは寝返りのスムーズさと肩の筋肉の支えです。人間は一晩で20~30回寝返しをしますが、血液やリンパの流れを滞らせないために自然なことです。肩こりに悩む人は血行が悪いことが原因となることがほとんどですが、硬さがあって頭が動かしやすいため寝返りをスムーズに行えます。また肩の筋肉を休ませるために支えてくれます。肩こりの人は長時間同じ作業を行っていることが多く、筋肉が疲れているため寝ているときは休ませることが必要です。高さや硬さがないものを使っていると支えることができず首も肩も筋肉が働いて休めません。頭をしっかりと支えると筋肉を休ませることができます。

正しい使い方と選び方のポイント

枕の正しい使い方は、マットレスと首・後頭部の隙間を枕を埋められるかです。隙間を埋められると頭の重みを適切に分散させることができます。形状や硬さ、弾性のバランスが適切があると隙間は埋めることができす。隙間を埋めることができないと頭圧の分散が悪くなって後頭部に頭の重さが集中してしまい、痛みはありませんが不快感が出てしまいます。首へサポートがないと、首の筋肉や支える筋肉が緊張し続けて首がだるくなり肩こりの原因となってしまいます。枕選びにいくつかのポイントがあります。高さが適切か表面の柔らかさ、寝返りのしやすさ、素材の通気性、側生地の素材や生地、洗濯はできるかなどがポイントとなります。

まとめ

枕には正しい使い方と選び方のポイントがあります。何でも同じということはなく、眠りが浅くて安眠できない、首こりや肩こりに悩んでいるなど枕に注目してみると解消することが多いです。低反発や高反発の反発力は自分の悩みにあったものを選ぶことが一番です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

首の痛みを軽減させてくれる枕とは
枕は低反発か高反発かどちらを選べばよいのか
気持ちいい朝を迎えるためには枕が自分の体に合っているというフィット感が大事
より質の高い睡眠をとるには機能的な要素と抜群の快適性を追求した枕が不可欠だった
固い枕で眠ると頭を安定させることができるが実はさまざまな弊害も出てくる場合がある
人が生きて行くために寝ることは欠かせない行為で快適な睡眠は高機能の枕が実現する
働き盛りだから寝心地の良い枕で快眠
枕を変えて首への負担を軽減しよう
首や肩のこりが気になる方は枕の買いかえに注目です
肩と首のこりは枕が原因、理想の高さで気持ちのいい睡眠を
枕が合わないことでイライラするなら買い替える
実は首痛の原因は寝姿勢にあるかも
実は血行と深い関係がある枕の選び方
頚椎(首の骨)に負担を掛けない枕を使いましょう
大切な眠りを快適なものにするためには首と布団の間にできた隙間を枕で自然に埋める事
人間工学を意識して作られた枕を選ぼう
ベストな枕で快眠、翌朝のすっきり感を手に入れよう
枕の高い、低いの違いで、肩こりが改善する可能性があります
寝違え防止には枕の見直しがおすすめ
寝心地の良い理想の枕を選びましょう
横向き寝をする場合、理想的な枕の高さとは
仰向けで眠りやすくバランスの良い枕を選ぼう
枕の手入れのおすすめ方法を紹介
枕を探すときはコスパのいいものを選ぼう