仰向けで眠りやすくバランスの良い枕を選ぼう

仰向けで眠りやすくバランスの良い枕を選ぼう

身体の不調を感じると睡眠が足りないと考える人もいるかもしれません。寝不足が原因の場合は睡眠時間を確保すれば改善されますが、寝具が原因のときもあるでしょう。もし、眠っても疲れがとれないなら眠りの質を向上させてください。

睡眠の悩みを持っている人は珍しくない

仕事で疲れた身体を休めるために、睡眠時間を長めにとる人もいるでしょう。普段よりも多く眠っているのに体調が改善されないこともあります。睡眠時間を確保しても眠りの質が良くないと疲れが翌日に残ることが珍しくないです。もし、十分に休んでいるのに疲れがとれないなら睡眠を見直すといいでしょう。自分ではわからない部分に原因があることも少なくありません。そのため、睡眠の悩みを持っている人は多いと言われています。身体の不調が改善されない人ほど睡眠環境をチェックしましょう。相性が悪い寝具だと状況が悪化することも少なくないです。

眠る姿勢を考えて選ぶことが大事

使用する枕を探すときは、自分の寝る姿勢を考えて選んでください。仰向けで眠る人でも途中で寝返りを打つことも珍しくないため、どの姿勢でも快適に使えるものを探すといいでしょう。人によって眠りやすい姿勢は異なるので、自分が好む体勢を中心に選ぶといいかもしれません。自分好みの枕を選ぶときは仰向けから寝返りが打ちやすいかチェックしてください。バランスの良いものは体勢をスムーズに変えられることが多いです。そのため、枕をチェックするときは反動をつけずに身体の向きを変えられるか確認しましょう。スムーズに体勢を変更できるものを探してください。

身体に負担の少ない枕を選ぶといい

眠る前は快適に眠れると考えていても、寝ている間に身体に負担がかかっていることもあります。負担のかかる環境で眠っていると、朝起きたときに身体の状態が悪化していることが珍しくありません。もし、起きたときに痛みがあるなら別の枕を使ってください。枕を変更してもすぐには変化がわからないことも多いので、ある程度使用するといいでしょう。身体への負担が少ないかのチェックは念入りに行います。仰向けで眠る人でも途中で他の体勢になることは少なくありません。スムーズな体勢変更ができないと身体に負担がかかり、肩こりや腰痛を生み出すこともあるでしょう。

まとめ

使用する枕を変えるだけで睡眠の質が向上することも珍しくないです。バランスのとれたものを選び、睡眠時の負担を軽減してください。枕を選ぶときは、さまざまな体勢でバランス良く眠れるかチェックするといいでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

首の痛みを軽減させてくれる枕とは
枕は低反発か高反発かどちらを選べばよいのか
肩こりや首こりには高反発の枕がおすすめ
気持ちいい朝を迎えるためには枕が自分の体に合っているというフィット感が大事
より質の高い睡眠をとるには機能的な要素と抜群の快適性を追求した枕が不可欠だった
固い枕で眠ると頭を安定させることができるが実はさまざまな弊害も出てくる場合がある
人が生きて行くために寝ることは欠かせない行為で快適な睡眠は高機能の枕が実現する
働き盛りだから寝心地の良い枕で快眠
枕を変えて首への負担を軽減しよう
首や肩のこりが気になる方は枕の買いかえに注目です
肩と首のこりは枕が原因、理想の高さで気持ちのいい睡眠を
枕が合わないことでイライラするなら買い替える
実は首痛の原因は寝姿勢にあるかも
実は血行と深い関係がある枕の選び方
頚椎(首の骨)に負担を掛けない枕を使いましょう
大切な眠りを快適なものにするためには首と布団の間にできた隙間を枕で自然に埋める事
人間工学を意識して作られた枕を選ぼう
ベストな枕で快眠、翌朝のすっきり感を手に入れよう
枕の高い、低いの違いで、肩こりが改善する可能性があります
寝違え防止には枕の見直しがおすすめ
寝心地の良い理想の枕を選びましょう
横向き寝をする場合、理想的な枕の高さとは
枕の手入れのおすすめ方法を紹介
枕を探すときはコスパのいいものを選ぼう