横向き寝をする場合、理想的な枕の高さとは

横向き寝をする場合、理想的な枕の高さとは

毎日きちんと眠っているはずなのに、疲れがとれない。朝起きたときに、無意識に肩や首に手をやってしまう。このような場合には、眠っているときの姿勢が原因で、体に負担を与えている可能性があります。寝姿勢に大きな影響を与えるのが「枕」についてです。横向き寝をする場合の、枕の高さについて紹介します。

少し高めで調整するのがオススメです

理想的な枕の高さを判断するためには、まず実際に、枕を自分にあててみることが重要です。身体にもっとも負担をかけないのは、「立っているときの姿勢をそのままキープしてくれる枕」です。購入を検討する際には、実際に横になって枕を使い、腰から頭まで一直線になっているかどうかを確かめるのが有効です。仰向けで眠るよりも横向きで眠った方が楽だと感じる方の場合には、少し高めの枕を選択すると良いでしょう。肩幅がある分、首を安定させるためには高さが必要となります。もしアドバイザーがいる店舗なら、「横向きで眠る」ということを伝えた上でアドバイスをもらうと良いでしょう。

自分で高さチェックをするための方法とは

記事のイメージ画像

腰や肩、首などがこる原因は人によって異なります。デスクワークが中心の人は、睡眠以外のポイントが、コリの原因になっている可能性もあります。枕が自分に合っているかどうか、自分で確認するのは困難なこと。もしも他に考えられる原因がないなら、積極的に疑ってみるのも良いでしょう。自身が眠っているときの姿を人にチェックしてもらうのが一番ですが、それ以外にも方法はあります。たとえば、横向きに寝たときに、枕をあてている方の首筋が伸びる感覚がある場合、高すぎていると考えられます。無意識のうちに頭の下に手を入れている場合は、低すぎると推定できます。

たった1センチの差でも影響があります

市販品も多いですが、本当に自分に合うものを見つけたい!と考えたときにはオーダーメイド製品を検討するのがオススメです。市販製品も、非常に種類が豊富になってきています。ただし「高さ」については、いくつかの選択肢の中から合うものを選ぶという方法が一般的。靴と比較するとわかりやすいですが、「たった1センチ」の差が、体に大きな負担をかけてしまうケースもあります。オーダーメイドなら、自分の身体に合うアイテムを、一から作り上げることが可能です。オーダー製作に対応してくれるショップには、専門家が在籍しておりアドバイスをくれるケースがほとんどです。理想的な睡眠環境を得られるでしょう。

まとめ

人間には数時間の睡眠が毎日必要なもの。枕を変えるだけで、体調に変化が生まれた!と実感する方も、決して少なくありません。コリや不調の原因がわからないときには、まず睡眠環境の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

首の痛みを軽減させてくれる枕とは
枕は低反発か高反発かどちらを選べばよいのか
肩こりや首こりには高反発の枕がおすすめ
気持ちいい朝を迎えるためには枕が自分の体に合っているというフィット感が大事
より質の高い睡眠をとるには機能的な要素と抜群の快適性を追求した枕が不可欠だった
固い枕で眠ると頭を安定させることができるが実はさまざまな弊害も出てくる場合がある
人が生きて行くために寝ることは欠かせない行為で快適な睡眠は高機能の枕が実現する
働き盛りだから寝心地の良い枕で快眠
枕を変えて首への負担を軽減しよう
首や肩のこりが気になる方は枕の買いかえに注目です
肩と首のこりは枕が原因、理想の高さで気持ちのいい睡眠を
枕が合わないことでイライラするなら買い替える
実は首痛の原因は寝姿勢にあるかも
実は血行と深い関係がある枕の選び方
頚椎(首の骨)に負担を掛けない枕を使いましょう
大切な眠りを快適なものにするためには首と布団の間にできた隙間を枕で自然に埋める事
人間工学を意識して作られた枕を選ぼう
ベストな枕で快眠、翌朝のすっきり感を手に入れよう
枕の高い、低いの違いで、肩こりが改善する可能性があります
寝違え防止には枕の見直しがおすすめ
寝心地の良い理想の枕を選びましょう
仰向けで眠りやすくバランスの良い枕を選ぼう
枕の手入れのおすすめ方法を紹介
枕を探すときはコスパのいいものを選ぼう