枕は低反発か高反発かどちらを選べばよいのか

枕は低反発か高反発かどちらを選べばよいのか

質の良い睡眠は健康にも大きく左右します。特に枕を間違って選ぶと、質の良い睡眠が得られず後悔することになりかねません。枕は色々あって、その人によって向き不向きがはっきりします。皆が良いというからと買ってみると自分には合わないという場合もあり得ます。低反発は人気がありますが、その特徴やメリットデメリットを知って上手に枕選びをしましょう。

低反発の枕にはどんな特徴があるのか

低反発枕・スリープマージピロー

枕専門店のASMOTのスリープマージピローは低反発枕の柔らかくて頭がフィットするような気持ちの良い寝心地ながら、寝返りがうちやすいように工夫された設計の枕です。
出典:快眠グッズNavi

まずはどんな素材で出来ているかというと、低ウレタン素材、テンピュール素材を使用しています。この材質は、手で押すと形が残ったままになります。一時、大ブームになりました。圧力に対して反発力を抑えた素材を使用しているので、とても柔らかく頭を包み込むような素材の枕です。眠る時も頭を包み込んでくれる感覚で横になれます。ですので寝つきは最高に良いと言えるでしょう。他にもメリットとしては、フィット感があり、疲労回復効果が高く、肩こりや首こり対策になる点です。ただ、寝返りがうちにくいといった点や、枕自体を洗濯できないという点はデメリットともいえるでしょう。

反対に高反発のものはどんな特徴があるのか

めりーさんの高反発枕
カバーの柔らかさや首と頭部の形に沿った設計のおかげで高反発枕でも優しい寝心地の枕を実現しているのがめりーさんの高反発枕です。
低反発枕から高反発枕に変えたので始めは頭が沈み込んでいかないことに若干の違和感はありました。
出典:快眠グッズNavi

反対に高反発という素材もよく耳にします。高反発の特徴はなんといっても反発力です。反発力を高めることによって、首をしっかり支えて安定した眠りを促すように作られているのが特徴として挙げられます。高反発枕にはほとんどウレタンが使われています。軽ですが、耐久力があり、反発力が強い素材です。一般的に硬いと認識されることがあります。確かに先ほどの低反発と比べると硬さはあります。それでも頭を乗せると静かに沈みます。そしてしっかり頭を支えて首をサポートする目的があります。肩こりや首こりで悩んでいる人にとってはどちらの方が効果が高いのか気になる方も多いでしょう。

肩こりや首こりで悩む人にとってはどちらを選ぶか

肩こりや首のこりにお悩みであれば高反発枕を使うことがおすすめです。その理由は寝返りがスムーズにできる硬さがある点と肩の筋肉を休めるためにしっかりと支えてくれるからです。人間は寝ている間に30回近くも寝返りをすると言われています。これは血液やリンパの流れを一定にせず、滞らせないためにする自然な動作です。肩こりに悩む方の多くは筋肉が凝り固まって血行が悪くなっています。ですので、寝返りをストレスなく出来るようにするためには低反発より、しっかりと硬さがあって頭を動かしやすい高反発の方が適しています。しかし、最近では低反発でも寝返りをしやすくしたものも作られているので一概には言えません。近頃は肩コリで悩んでいる人も多いので、寝ているときくらいは身体をリラックスさせてあげるためにも枕は大切です。

まとめ

枕には合う合わないがあると思いますが、この悩みを解決したいのであれば一度、店舗に出向き相談してみるのも良いでしょう。自分に合った高さと自然な寝返りができる硬さがあれば質の良い睡眠がキープできます。最近では返品保証があったり、実際に使ってみてから納得出来なければ返品できる安心システムもありますので利用してみると良いでしょう。そして是非自分に合ったものを選びましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

首の痛みを軽減させてくれる枕とは
肩こりや首こりには高反発の枕がおすすめ
気持ちいい朝を迎えるためには枕が自分の体に合っているというフィット感が大事
より質の高い睡眠をとるには機能的な要素と抜群の快適性を追求した枕が不可欠だった
固い枕で眠ると頭を安定させることができるが実はさまざまな弊害も出てくる場合がある
人が生きて行くために寝ることは欠かせない行為で快適な睡眠は高機能の枕が実現する
働き盛りだから寝心地の良い枕で快眠
枕を変えて首への負担を軽減しよう
首や肩のこりが気になる方は枕の買いかえに注目です
肩と首のこりは枕が原因、理想の高さで気持ちのいい睡眠を
枕が合わないことでイライラするなら買い替える
実は首痛の原因は寝姿勢にあるかも
実は血行と深い関係がある枕の選び方
頚椎(首の骨)に負担を掛けない枕を使いましょう
大切な眠りを快適なものにするためには首と布団の間にできた隙間を枕で自然に埋める事
人間工学を意識して作られた枕を選ぼう
ベストな枕で快眠、翌朝のすっきり感を手に入れよう
枕の高い、低いの違いで、肩こりが改善する可能性があります
寝違え防止には枕の見直しがおすすめ
寝心地の良い理想の枕を選びましょう
横向き寝をする場合、理想的な枕の高さとは
仰向けで眠りやすくバランスの良い枕を選ぼう
枕の手入れのおすすめ方法を紹介
枕を探すときはコスパのいいものを選ぼう