ベストな枕で快眠、翌朝のすっきり感を手に入れよう

ベストな枕で快眠、翌朝のすっきり感を手に入れよう

寝る事というのは、とても大事な事です。深くゆったりと快眠ができることで、翌朝にふと、疲れがなくなっているという事に気づくことが出来ます。普段から、どのような姿勢で寝ているのか、寝具は自分に合ったものかというのを意識していく事が重要です。

自分の寝相について考えてみよう

自分の寝相って見たことありますか?。ほとんどの人が見たことがないという様にこたえるのではないでしょうか。家族に寝言がひどいやら、寝相が悪いやらと言われたことはあっても、本当に自分の寝姿を見る機会というのはないわけですから、反論もできな苦悔しい思いをすることもあります。しかし、現実問題として、ゆっくり寝たはずなのに翌朝に疲れがとれていないと感じている場合には、寝相をチェックしてみるという事も必要になる可能性があります。物凄く深夜に寝心地が悪いと感じて動いていたりすると、疲れも取れずにいることとなるわけですから、重大な問題となります。

寝相チェックをどのようにするべきか

では、寝相をよくして翌朝に快眠を感じたいという場合は、どのようにするべきでしょうか。まずは、家族に依頼して、寝ている姿をスマホの動画でチェックしてもらうというのも方法の一つになります。もちろん、ビデオなどをセットしておいて自分の寝ている姿を撮影するのでもよいでしょう。最近はスマホのアプリなどで長時間動画を撮影して、短時間でそれをまとめられるというようなものもあるようですので、利用するのも楽しめるかもしれません。撮影された映像を見て自分の様子を確認してみましょうどのように動いているのか、見てみることで問題点を発見できる可能性があります。

寝心地の良い寝具を手に入れて利用する

快眠のためには、自分の寝相をチェックすることで、問題点を見出すことが出来る事となりますが、やはりポイントは、枕です。寝ている際に、首をまげたり、何度も枕と顔の位置を移動させているというような場合には、枕の高さがあっていないという可能性があります。また、翌朝に、いつも使っていた枕が全然別のところにあるというような場合にも、寝ている際に枕を不要と感じて、知らず知らずにほおり投げているという可能性もあります。翌朝肩の痛みがあるといった場合も、枕が低すぎたり、高すぎたりして、肩に荷重がかかってしまっているという事も考えられます。まずは枕の高さをベストなものにしてみましょう。枕の中身を選ぶ人は多いですが、高さに着目することで、快眠が得られるようになります。

まとめ

自分の体に合った枕を利用することで、ひどかった寝相が改善されるということも考えられます。すっきりと疲れを癒して翌朝からバリバリ頑張れるようにするために、体に合ったベスト寝具、ベスト枕を利用できるように、探してみることがお勧めです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

首の痛みを軽減させてくれる枕とは
枕は低反発か高反発かどちらを選べばよいのか
肩こりや首こりには高反発の枕がおすすめ
気持ちいい朝を迎えるためには枕が自分の体に合っているというフィット感が大事
より質の高い睡眠をとるには機能的な要素と抜群の快適性を追求した枕が不可欠だった
固い枕で眠ると頭を安定させることができるが実はさまざまな弊害も出てくる場合がある
人が生きて行くために寝ることは欠かせない行為で快適な睡眠は高機能の枕が実現する
働き盛りだから寝心地の良い枕で快眠
枕を変えて首への負担を軽減しよう
首や肩のこりが気になる方は枕の買いかえに注目です
肩と首のこりは枕が原因、理想の高さで気持ちのいい睡眠を
枕が合わないことでイライラするなら買い替える
実は首痛の原因は寝姿勢にあるかも
実は血行と深い関係がある枕の選び方
頚椎(首の骨)に負担を掛けない枕を使いましょう
大切な眠りを快適なものにするためには首と布団の間にできた隙間を枕で自然に埋める事
人間工学を意識して作られた枕を選ぼう
枕の高い、低いの違いで、肩こりが改善する可能性があります
寝違え防止には枕の見直しがおすすめ
寝心地の良い理想の枕を選びましょう
横向き寝をする場合、理想的な枕の高さとは
仰向けで眠りやすくバランスの良い枕を選ぼう
枕の手入れのおすすめ方法を紹介
枕を探すときはコスパのいいものを選ぼう