大切な眠りを快適なものにするためには首と布団の間にできた隙間を枕で自然に埋める事

大切な眠りを快適なものにするためには首と布団の間にできた隙間を枕で自然に埋める事

人が寝る場合には首と布団の間にはどうしても隙間ができてしまいます。機能的な枕を使ってこれを自然な状態で埋めることで、睡眠にベストな姿勢をつくることができ、快適な睡眠を実現することが可能となるわけですね。

大切な睡眠をサポートする重要なアイテム

一言で快適な睡眠と言いましても、これでは漠然過ぎて何だかピンとこない人もいるでしょうね。ようするによく眠ること、と言ってしまえばいいのですが、これに睡眠の質の問題が絡んでくるのです。睡眠というものにはさまざまな役割があり、たとえばよく眠ることで大脳は休むことができ、その機能を調整して翌日に備えることができる。この大脳が疲れたままですと、感情のコントロールというものが不安定になってしまいます。これはほんの一部で、睡眠によってもたらされる体への影響というものは計り知れません。その睡眠に多く関わってくるのが寝具というもので、とりわけ枕はものすごく重要なアイテムになります。

頸椎に負担のかからない寝姿をキープすること

枕には人の好みというものがどうしてもありまして、自分はこれでなくてはよく眠れない、という人も多いでしょう。高いものや低いもの、また柔らかいものや硬いもの、実にさまざまです。ただ、自分が好きだからと言っても、それが快適睡眠をとるための機能を果たしていない場合もあるのですね。高さや硬さは人の体によっては首に負担をかけた姿勢になり、いろんな弊害を招くことにもなりかねません。ですから理想を言えば、頸椎に負担のかからない寝姿をキープできる、そんな枕がベストとなります。ここで重要になってくるのが、自分に合ったものを選ぶということです。

枕の高さや硬さは人によって違ってくるもの

記事のイメージ画像

寝る姿勢というものは、人が直立した状態をそのまま横にした姿勢を維持させることがベストいだとされています。そしてその姿勢で横になれば、首と布団の間に隙間ができますよね。この隙間を自然な状態で埋めてあげなければ姿勢はキープできません。そこで枕の登場というわけです。そこの隙間部分というものは人それぞれ違ってきますから、理想の高さ、あるいは硬さというものも違ってくるのです。それら高さや硬さが自分に合っていなければ、首が無理な形に曲がってしまい、その結果として肩こりや首筋の痛みの原因にもなりかねません。自分に合ったものを求めるのであれば、買う前に売り場で試してみることもいいですが、今はオーダーメイドという手段もありますね。自分だけの枕をつくるのもいいかもしれません。

まとめ

人は寝るときには首と布団の間に隙間ができるもので、この隙間を枕で自然な状態で埋めてあげることが必要になるわけですね。この時にできる隙間は人の体によって違ってきますから、枕の高さや硬さも変わってきます。ですから自分に合った枕を使うことが重要になるのです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

首の痛みを軽減させてくれる枕とは
枕は低反発か高反発かどちらを選べばよいのか
肩こりや首こりには高反発の枕がおすすめ
気持ちいい朝を迎えるためには枕が自分の体に合っているというフィット感が大事
より質の高い睡眠をとるには機能的な要素と抜群の快適性を追求した枕が不可欠だった
固い枕で眠ると頭を安定させることができるが実はさまざまな弊害も出てくる場合がある
人が生きて行くために寝ることは欠かせない行為で快適な睡眠は高機能の枕が実現する
働き盛りだから寝心地の良い枕で快眠
枕を変えて首への負担を軽減しよう
首や肩のこりが気になる方は枕の買いかえに注目です
肩と首のこりは枕が原因、理想の高さで気持ちのいい睡眠を
枕が合わないことでイライラするなら買い替える
実は首痛の原因は寝姿勢にあるかも
実は血行と深い関係がある枕の選び方
頚椎(首の骨)に負担を掛けない枕を使いましょう
人間工学を意識して作られた枕を選ぼう
ベストな枕で快眠、翌朝のすっきり感を手に入れよう
枕の高い、低いの違いで、肩こりが改善する可能性があります
寝違え防止には枕の見直しがおすすめ
寝心地の良い理想の枕を選びましょう
横向き寝をする場合、理想的な枕の高さとは
仰向けで眠りやすくバランスの良い枕を選ぼう
枕の手入れのおすすめ方法を紹介
枕を探すときはコスパのいいものを選ぼう