肩と首のこりは枕が原因、理想の高さで気持ちのいい睡眠を

肩と首のこりは枕が原因、理想の高さで気持ちのいい睡眠を

疲れを取るのに睡眠がとても重要です。できれば気持ちのいい眠りが欲しいと思っているけど、朝起きたら肩や首がこって休めた感じがしないという人は多くいます。その不快感は、枕が適切な高さでないから起こるのかもしれません。

頭の下で支えているのはとても大事なもの

深く質のいい睡眠に欠かせない要素、その一つが枕です。頭を安定させて無理のない姿勢を保つという大切な役割を持っています。適切な枕を使わずに寝るとどうなるか、まず首に負担がかかります。役割の中でも首を支えることはきわめて重要です。神経や血管、そして呼吸に使う気道といったとても大切なものが首に集中しています。自分に合った枕を使わなければ、これらがすべて圧迫された状態で寝ることになります。首や肩がやけにこる、顔がむくむ、いびきがうるさいといったことに心当たりがある人は、まさに首に負担をかけて寝ているわけです。

寝た時の視線でピッタリの高さが分かる

無理な負担をかけずに寝るためにも、適切な枕の使用を心がけましょう。重要なのは高さです。高すぎても低すぎても首が不安定になります。自分に合った高さの物を選びましょう。高さの判別は実際に使って行います。枕を使った時の視線の向きに注意しましょう。リラックスした状態で寝て、視線が真正面より少し下に向いていれば理想です。やりがちなことが頭だけを乗せて寝ることです。しっかりと首から上全部を乗せましょう。頭だけでなく、首から上を支えるように使うのが正しい使い方です。理想の高さが分かれば、買い替える必要があるかどうかも判明します。

特有の性質のある低反発製品の調整には

記事のイメージ画像

高さがピッタリならこれから熟睡できる、と思うかもしれませんが例外もあります。使っている枕が低反発素材を使用した物なら注意が必要です。低反発の物は、頭を乗せると沈み込むという性質があるため、通常の枕よりも高さを合わせることが難しくなります。新しい物に買い替えるだけでは、何の解決にもならないこともあります。低反発枕を使う場合、土台を置くことで調節するのがベストです。枕の下にさらに何かを置くわけです。土台として使う物は、少し固さのある物が向いています。頭の沈み込みを抑えることができれば、低反発でも理想の高さを実現できます。

まとめ

寝ている姿勢と言うのは、実はとても不安定です。心地よい睡眠のためには、その不安定さをどう支えるかが重要になります。自分が寝ている時、体にどんな負担がかかっているかを把握しつつ、支え方を考えていく必要がありそうです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

首の痛みを軽減させてくれる枕とは
枕は低反発か高反発かどちらを選べばよいのか
肩こりや首こりには高反発の枕がおすすめ
気持ちいい朝を迎えるためには枕が自分の体に合っているというフィット感が大事
より質の高い睡眠をとるには機能的な要素と抜群の快適性を追求した枕が不可欠だった
固い枕で眠ると頭を安定させることができるが実はさまざまな弊害も出てくる場合がある
人が生きて行くために寝ることは欠かせない行為で快適な睡眠は高機能の枕が実現する
働き盛りだから寝心地の良い枕で快眠
枕を変えて首への負担を軽減しよう
首や肩のこりが気になる方は枕の買いかえに注目です
枕が合わないことでイライラするなら買い替える
実は首痛の原因は寝姿勢にあるかも
実は血行と深い関係がある枕の選び方
頚椎(首の骨)に負担を掛けない枕を使いましょう
大切な眠りを快適なものにするためには首と布団の間にできた隙間を枕で自然に埋める事
人間工学を意識して作られた枕を選ぼう
ベストな枕で快眠、翌朝のすっきり感を手に入れよう
枕の高い、低いの違いで、肩こりが改善する可能性があります
寝違え防止には枕の見直しがおすすめ
寝心地の良い理想の枕を選びましょう
横向き寝をする場合、理想的な枕の高さとは
仰向けで眠りやすくバランスの良い枕を選ぼう
枕の手入れのおすすめ方法を紹介
枕を探すときはコスパのいいものを選ぼう